古い物は廃棄していくしかないのかな?

WindowsXPのノートパソコンにPuppyLinuxをインストールして、起動できるようにしたまで良かったものの、付属しているブラウザがGoogleのサービスに対応していないし、あるポータルサイトの表示がきちんとされてないかったりします。

そこで、最新版のfirefoxやGoogleChromeをインストールしようと思うのですが、firefoxではプラグイン的なモノが足りなくて機能せず、GoogleChromeでは32ビットのサポートがされていないためダウンロードすらできません。

現時点では、付属のブラウザが更新され、対応するしかないみたいです。

いつまでも古いモノにしがみつかずに、勇気を持てってことなのかな?

インターネットを作る側からしてみれば、いつまでも古い環境するのは対応するためデータが増えることになるので、ユーザ側が早く新しい環境に切り替えてもらったほうが良いのは分かっているのですが・・・

古いモノとはいえ、まだ使えるモノを廃棄する勇気がありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です